おつだね!

おつだねは、どうでもいいような事なんだけど、でも、ちょっと気になることを発信します。

自家製乳酸菌が凄いぞ!腸まで届くし何より原価が安い!

      2019/01/08

腸まで届く乳酸菌は、簡単につくれるんですよ。

腸まで届くってことが大事なんです、腸(腸壁)に住む乳酸菌は、数日の命なんです。

腸は新陳代謝により、腸壁は5日から6日ですべて入れ替わります。

悪い菌も良い菌も大便として、古い腸壁と一緒に排出されます。

だから、毎日腸内に届けてあげないといけないんです。

そして、毎日届けるんだから、簡単につくれないといけない。

そして何より、安くつけれないといけません。

それでは作り方をご説明します。

nyusankin

スポンサーリンク

自家製乳酸菌の作成

それでは作りましょう。

今回ご紹介する自家製乳酸菌は細切りキャベツの塩漬けです。

キャベツは、白菜が無い夏場に大変重宝する野菜ですね。

私流:作り方

①キャベツ    中 1個 1kg

②塩       25グラム

③キムチ唐辛子  大さじ1 (お好み)

①、②、③をボールにいれよくまぜる。

1時間ぐらい置くと、しなってくるので、市販の小さめの漬物タルに入れて重石します。

重石は、漬物タルに入るちょうどのサイズを使うと良いです。

これだけなんです。

夏場は、2、3日で出来ます。

味見して、すっぱければでき上がりです、すっぱさが足りない場合は、あと数日、常温で様子を見ます。

好みの味になりましたら、発酵が進まないように冷蔵庫に保存します。

ヨーグルトなどのように無菌室での作成に比べ家庭での環境は、とてもハードです、言ってみれば家庭は雑菌だらけですから。

雑菌だらけの環境で、腐らずに乳酸菌なることを考えると、胃酸に負けずに腸に届くことも納得するところです。

スポンサーリンク

腸まで届くし原価が激安!

激安乳酸菌の原価表

①キャベツ    200円

②塩        2円

③キムチ唐辛子   3円

      合計 205円 ですが、相場次第で上下あります。

1回に50グラム 食べるとして20食分です。

一食わずか10.25円、だから毎日摂れますね。

これだけではありません、残り汁が凄いんです、乳酸菌の量で言えば残り汁の方が多いようです。

調味料としても、使えるので、絶対に捨てないでくださいね。

まとめ

今回ご紹介した、自家製乳酸菌は食物由来ですが、牛乳などから作る動物由来の乳酸菌(ヨーグルト)などと種類も同じものです。

市販のヨーグルト、乳製品と比べても決して劣ることはありません。

むしろ、腸まで生きて届くことで勝っているかもしれません。

と言うことは、自家製乳酸菌のみでも腸の健康が保てるということだと思います。

昔からの漬物文化がある、そして腸が長い日本人には、食物由来の自家製乳酸菌が最適なのかもしれません。

スポンサーリンク