おつだね!

おつだねは、どうでもいいような事なんだけど、でも、ちょっと気になることを発信します。

グッとラック!健康効果が期待できる缶詰め!缶詰のスペシャリストに聞いた! 

   

2020年2月18日のグッとラック!

近年サバ缶の健康効果が注目され大ヒット!

健康効果が期待できる缶詰はサバ缶だけではなく、他にも沢山あるんです。

特に40代から50代の女性必見、健康効果が期待できる缶詰!

管理栄養士 赤石定典さんと缶詰博士と黒川勇人さんです。

お二人に血圧を下げる効果のある缶詰を教えていただきました。

血圧が上がる主な原因は血液がどろどろになることです。

しかし、缶詰の中には血液をサラサラにしてくれる栄養成分が豊富に含まれているものもあります。

それはイワシの缶詰です。

なぜイワシ缶何でしょうか?

何が良いかと申しますとEPA、DHAが豊富に入っているということです。

EPA、DHAがが血流を良くしてくれるんです。

毛細血管まで血流を良くします。

血流が良くなるとおのずと血圧も下がります。

特にイワシはEPA、DHAが多いんです。

生のイワシより、缶詰の方が多いんですか?

鮮魚の方が栄養価が高そうな気がしますが、違います。

EPA、DHAとは魚の脂なんですよ。

鮮魚は調理の時にEPA、DHAが流失してしまいます。

魚を焼くと油がポタポタと落ちますが、それがEPA、DHAなんです。

缶詰の場合は、EPA、DHAが缶詰の中に全て入ってます。

缶詰の汁はEPA、DHAが大量に入ってますので、絶対汁ごと使って下さい。

EPA、DHAと聞くと、サバ缶のイメージがあるんですが?

実はサバ缶よりイワシ缶の方がEPA、DHAが多いです。

生のお魚ですと、サバの方が多いんですが缶詰の場合は、イワシの方が多いんです。

サバ缶の場合は、小ぶりのサバなので、脂のノリが少ないんです、それでイワシ缶に軍配が上がります。

同じ会社のサバ缶詰とイワシ缶詰を比べてみても2倍以上イワシ缶の方が脂質が多いですね。

EPA、DHAの量はメーカーによっても違います。

おすすめのメーカーは、どこ?

そこで、黒川博士にベストなイワシ缶を紹介していただきます。

おすすめのメーカーはこちらでございます、伊藤食品の美味しい鰯水煮缶です。

その理由とは?

伊藤食品さんは、原料のイワシがとてもいいんです。

旬の時の一番脂の乗った時期の原材料を年間分確保しているからです。

冷凍保存してるんです。

多くのメーカーは、製造するごとにイワシを仕入れるので脂の乗りにばらつきが出やすいんです。

伊藤食品さんのイワシ缶は、EPA、DHAの量は常に変わりません。

まとめ

サバ缶もイワシ缶も大好きです。

お酒のおつまみに最高ですね!

常温保存できるので安い時に多く買っていますよ!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク