おつだね!

おつだねは、どうでもいいような事なんだけど、でも、ちょっと気になることを発信します。

クギズケ!キン肉マンの松本人志さんが頻尿で悩んでいた!

   

2020年03月08日 上沼・高田のクギズケ!

松本人志さんも加齢には勝てない!?

松本人志(56)さんのある悩みについて取り上げていました。

松本人志さんが頻尿の苦労話を告白!

映画の上映中に1回はトイレに行くし、新幹線の窓際の席でもよおすと隣の乗客がバリケードになってトイレに行きづらいとぼやいていました。

森田豊先生:歳を取ると膀胱が堅くなるので、尿をあまり溜められなくなります。

膀胱を柔らかくする方法?

先生、膀胱を柔らかくする方法はないでしょうか?

森田豊先生:いろんな症状があると思うんですが、膀胱にしっかり溜めてからオシッコするようにした方がいいです。

あの、こまめにオシッコすると膀胱の容量が小さくなりますからあまりたまってないのに行きたくなってしまいます。

頻尿に関して怖い症例!

森田豊先生:頻尿に関して怖い症例が出ています。

夜間のトイレ回数が多い高齢者程死亡率が高いです。

東北大学の医学部の研究によりますと、夜間のトイレ1回以下の人と比べ2回の方は、死亡リスクが1.59倍になります。

3回以上の方は、2.34倍になります、4回以上の方は、3.6倍になります。

夜中に起きることによって、睡眠の質が妨げられ、持病が悪化したり、ころんで骨折などを引き起こすリスクが高まります。

それで高齢者の死亡率が高くなってしまいます。

夜中に起きない予防方法!

森田豊先生:様々な予防方法があるんですが一つ提唱しておきます。

夕方にですね、足湯を10分くらいするといいですよ、もちろん入浴でも構いません。

立ち仕事の人なんかは夕方になると足がむくみますこれは脚の皮下組織に水が溜まった状態なんです。

そのままの状態で寝てしまうと、その水分が血管の中に入って尿になり膀胱に溜まってしまいます。

それで、夜中に起きてしまうわけです。

だから、夕方の段階で、足湯なり、お風呂などで足の水分を血液の中に入れてしまって、寝る前にオシッコを出してしまえば夜中に起きる回数は少なくなります。

まとめ

松本さんは、たまたま窓際の席をとってしまったのでしょうね。

隣の人も隣の人ですねトイレから戻ってくるのをわかってて、またバリケード作ってるわけですからね意地悪にも程があります。

夜中に起きない方法は参考になりましたね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク