おつだね!

おつだねは、どうでもいいような事なんだけど、でも、ちょっと気になることを発信します。

下唇を噛む時がある。これって病気の前兆ですか?

      2019/01/08

最近よく下唇を噛むものですから心配になりまして、ちょっと調べてみました。

何か病気の前兆じゃないかと思いましてね。

kutibiru

スポンサーリンク

下唇を噛むのは病気なのか?

下唇を噛む原因、いろんなサイトで言われていて、一番多いのが、ストレスが、原因とのことです。

でも、果たしてそうでしょうか、何でもかんでもストレスが原因では、ちょっと納得出来ません。

もし、ストレスが、原因だとすれば、完治することはないでしょう。

なぜなら、人は皆、生きている限りストレスの中で生きているから。

下唇を噛む原因で次に多い答えが顎関節症の初期症状とのことです。

そして、脳梗塞や脳卒中の初期症状も考えられるそうです。

怖いですね、下唇を噛んでしまうことが、脳梗塞や脳卒中に繋がってしまうとは。

でもですね、これだけでは、心配はいらないと思います。

顎関節症なら最近、噛み合わせに違和感があるとか、口が大きく開けられない等複数の違和感がない限り大丈夫。

そして、脳梗塞や脳卒中等は、言葉が出なくなる失語症やしびれる等の症状がない限り心配はいらないと思います。

私達が、よくやらかす食事中の唇噛みの原因は、たいていの場合噛む時のタイミングが悪かったり、
ぼんやり考え事をしたとき、あと急いで食べたりとか原因は、はっきりしてます。

スポンサーリンク

なぜ下唇を噛んじゃうのか?

どうしてか、間違って噛んじゃうのは下唇だけなんですよね。

上唇は故意に噛まない限り、噛むのは不可能です。

人間の口の構造上、下の歯に上の歯が、かぶさります。

だから下の歯は、上の歯より幾分下がります。

なので、下の歯に乗った下唇を上の歯で噛んでしまうのです。

下唇を噛むことは、誰にでもある事ですからあまり気にせず、気をつけて食べましょう。

噛まないですむ方法?

今回のは、病気の前兆ではないので、ゆっくり食べる事と、食事の時は、考え事をしないこと、そして噛むときは、口を閉じることです。

まとめ

食事のとき下唇を噛んじゃうのは、誰もが経験すると思います。

その時の、痛さと来たら、何とも言えないですよね。

悔しいのと、誰にも文句も言えないのと、痛みが引くまで我慢するしかないもどかしさ。

もう、絶対噛みたくない!と思っていても、ついつい噛んでしまうんです。

結局は懲りない痛さなんですね。

下唇を噛むのは病気の前兆と言うより、その前、つまり、疲れている状態だと言うことです。

もし下唇を噛んでしまったら、お気をつけください。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。(__)

スポンサーリンク